ブログ

第43回伊勢迄歩講 第1回・第2回フォトコンテスト結果発表

御無沙汰していました。学生統括の じょー です。

今年度の伊勢迄歩講では、歩行下見の際に学生スタッフ間で「伊勢迄歩講っぽさ」が伝わる写真を撮るフォトコンテストを行っています。
そのフォトコンテストの第1回(玉造稲荷神社~奈良YH)と第2回(大石バス停~伊勢神宮 内宮)の最優秀賞と優秀賞を掲載します!
選定方法はスタッフの投票による形式で行っています。

過去に伊勢迄歩講参加された方は写真の場所がどこなのかを思い出してもらって、初参加の方はぜひ本番時に探してみてください。

まず、10月25日の第1回下見(玉造稲荷神社~奈良YH)での、最優秀賞はこちらです。
6
こちらの写真は大阪商業大学1回生の KAIKIN が撮影したもので、伊勢本街道でも有数の難所である暗峠の頂上を超えて下り坂になった所です。
ここからは奈良盆地を一望でき、本番1日目の目的地である奈良YHやこれから進む道がどのようになっているのかを確認できるポイントです。
下見時は、雲一つない秋晴れで少し赤く色づき始めた緑が映えていました。




11月8日の第2回下見(大石バス停~伊勢神宮 内宮)からは最優秀賞と優秀賞を選定しました!
まずは、優秀賞から発表します。
14
こちらの写真は武庫川女子大学1回生の ガーナ によって撮影された写真で、ダイヘン工場後の林道で撮影されました。
この日の下見は、一日中天候に恵まれない下見で、より林道の薄暗さが強調されています。
本番は12月31日の夜間歩行でこちらを通りますので、写真以上の薄暗さになり、新年に向けての最後の関門となりそうです…。
ここまで来れば、伊勢神宮まであと少しなので、講のメンバーと協力して乗り越えて欲しいです!


そして、第2回下見の最優秀賞はこちらの写真になります。
15
こちらの写真は事務局の マイルドさん の1枚です。
これは先ほどの ガーナ の写真にあった林道を抜けた直後の分かれ道となっております。
実はこの分かれ道には秘密が隠されており、過去に伊勢迄歩講に参加された方はこの分かれ道の秘密に気付くかとは思います。
初めて参加される方も、ぜひ実際に歩いてこの分かれ道の秘密を解き明かしてください!


いかがだったでしょうか?

このようにスタッフ1人ひとり伊勢迄歩講の見方が違っていることを強く感じることができるので、僕自身はとても面白く毎回の作品を見ています。

既に第3回下見(奈良~榛原)のフォトコンテストも投票は終了しており、第4回下見(榛原~姫石の湯~大石バス停)と併せてこちらを更新したいと考えています。

次回も是非ご期待ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る